桃花のイラストブログ

日々の事、お仕事をイラストを交えて書いてます

毎日ゲス夫のお弁当をせっせと作っているみーちゃん。
本当は作りたくないけど、今ゲス夫が死んだら、ゲス夫の借金が私に降りかかってきます。
取り敢えず、借金を返して!
それから シネ
( ̄∀ ̄)
FullSizeRender
IMG_3585
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_3570
FullSizeRender

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

これから人の悪口を書きます。
気分を害しそうな方はスルーしてください。

ゲス夫のギャンブルとフーゾク通いで借金が発覚した時、私はゲス夫の父に電話をして事実を伝えました。

義父は妻を亡くしたばかり。
ショックを受けるのは承知でしたが、親として息子の不祥事を知っておかなければなりません。

ゲス夫は3人兄姉の末っ子で、見た目おっとりとしていて、性格も穏やかです。
親もそう思っていたでしょう。

でも、親だったら、息子の良い所だけでなく、悪い所も知っておかなくてはなりません。

私は義父に電話をして「あなた方がお金にだらしない人間に育てたから、私は大迷惑しています」と告げたら、案の定、ショックを受けてオロオロしていました。

しかし、その後の義父の言葉があまりにも無責任で、私は未だに怒りがおさまりません。

「オレが死んでも息子は青森に帰って来なくて良いから。
あ、みゆきさん、後は息子をよろしく」

と、押しつけられて、切断されました。

このジジイ、人として「迷惑かけて申し訳ありません」と詫びの言葉もないのか?

ゲス夫の父は、ゲスの極みだった

( *`ω´)

万が一ゲス夫が義父より先に死ぬような事があれば、葬式なんかやりません。
位牌も仏壇も作りません。
遺体をサッサと焼いて遺骨を青森に送りつけます。

もちろん着払いで!
( ̄∀ ̄)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ご訪問ありがとうございます。
みーちゃんの会社での定時は夜9時。
以前はギリギリまでお客様対応に追われて、残業することもしばしばありました。

でも、人手不足、担い手不足のため、お客様対応の時間が繰り上がりました。

とは言え、みーちゃんの定時が早まった訳ではありません。
でも、以前なら残業してやっていた残務処理や、普段なかなかできない雑用を、定時まで緩々とやる余裕ができました。

おかげさまでノー残業💕

img096

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ