贋作

2016年01月15日

ブログに書こうか、迷ったんですが…



なすび110




これは、去年の話です!!


013_edited-2




ご無沙汰をしておりました

毎年のことながら、この時期は、

「お正月太り」をするのですが、

今年は、去年の12月31日が

仕事納め、明けて元旦が休み、

2日が仕事始め、3連休は仕事と、

ハードな年明けを迎え、

正月太りは避けられました


桃子2
「なんだつまらん


バイトは生活の為

でも肖像画のお仕事も、

人物、ペットと、オーダーが続き、

並行しながら進めています


エルちゃん2

★イラストと話の内容は関係ありません★



ブログに書こうかどうか迷ったのですが…

(興味がなければスルーしてください)

私にペットの肖像画をご注文された、

お客さまのお話ですが、以前に他所で、

愛犬の肖像画を描いてもらったそうです


その絵を見せてもらったのですが……


お客さま

「写真にそっくりなんだけど、
何か変なのよ……」


それは「絵」ではなく、

パソコンで「絵画風」に修正した

「写真」でした……


巧妙に修正してあるので、

素人さんには、分かりません

お客さまは、代金を払って買ったので、

「それは写真です」とは、

言えませんでした


それに、私がお描きした絵を、

気に入ってくれたので、

それ以上は、触れませんでした

rちゃん



イラストのショップを見ていると、

殆どの作家さんが、個性豊かな、

肖像画を描いていらっしゃいますが、

稀に、このようなショップがあり、

それを「手描きの絵」と信じて、

買ってしまう人もいます

確かに、パソコン上で見る

サンプルだけでは、分かりにくいし、

現物が手元に届いても、

気付かない場合が多いのです

それだけ、加工技術が高いのです


幸せな事に、私の場合は、作品展で

原画を見た方からの注文が、

仕事の半数以上で、

お客さまがリピートや口コミで、

広げてくださいます

でも、ちょっとでも手を抜いたり、

ズルをすれば、すぐ仕事を失うでしょう

何枚も買って下さったお客さまは、

見る目が肥えていますから


私が伝えたいことは、買う人も、

見る目を養って欲しいのです

代金を払って描いてもらったのに、

絵じゃなくて、実は写真だったら?


最初から、「写真加工」と分かって

買ったのなら、話は別ですが


前述したお客さまのように、

「何かおかしい?」と、気が付き、

「絵だと思って買ったのに損した」

となってしまいます


写真そっくりの絵を描くには、

高い技術を要し、お値段もお高い

それは、実力と実績のある作家さんが

描いていらっしゃるからです


私はまだぺーぺーですよ
だから安いんです


サンプルを見て、

「本物そっくり!写真みたい!
しかも値段が安い!お得!!」

と早まらず、色んな作家の絵を見て、

目を肥やし、後悔しない一枚を、

描いてもらって欲しいのです


桃子2
「みーちゃんは、いつになったら
高値で売れるようになるのかね」


なすび3
「あと50年後かな



miyuki918 at 15:19|PermalinkComments(8)TrackBack(0)